理事会

ロシア連邦のウクライナ侵攻に対し抗議しました

カテゴリー:

駐日ロシア大使館へ抗議文「貴国のウクライナ侵攻に強く抗議します」をお送りしました。

ロシア連邦大統領への抗議の全文は以下の通りです。

 

ロシア連邦大統領
ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン殿

貴国のウクライナ侵攻に強く抗議します

 貴国のウクライナへの軍事侵攻により、多くの市民が犠牲となり尊い命が奪われています。戦争や武力で、犠牲になるのは常に一般の市民です。一人ひとりのかけがえのない大切ないのちを奪い、脅かしている軍事侵攻に強く抗議し、あらゆる武力と暴力の行使、戦争に反対します。

 国連憲章では、「すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない。」としています。
よって、ウクライナへの軍事侵攻は国連憲章に違反する行為であり、国際社会の平和と秩序、安全をも脅かすものであることから断じて容認できるものではありません。

 また、貴殿は、核が人類や全ての生命と共存することができないことを知りながら、核兵器大国であることを誇示して自国の核兵器保有に触れ、その使用を示唆したことは断じて許されるものではありません。
原子力発電所への攻撃も断じて容認できるものではありません。

 過去の歴史から見ても、戦争や武力では何も解決することができないことは明らかです。
ウクライナへの軍事侵攻を即刻中止し撤退することと、対話による外交を通じた平和的解決に向けて努力することを強く求めます。

2022年3月8日
三重県生活協同組合連合会
会長理事 上野 達彦

ウクライナ侵攻に対する抗議

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

▲ このページの先頭にもどる

© 2012 - 2022 三重県生活協同組合連合会