平和

2013年ハート平和行進をおこない、滋賀県に引き継ぎました!

カテゴリー:

津市内で市民に核兵器の廃絶と平和の大切さをアピールしました!

 梅雨の合間の好天に恵まれ絶好の行進日和になった6月14日(金)、2013年ハート平和行進が開催され、三重県生協連、三重県原爆被災者の会、この日県内の3コースを行進してきた国民平和大行進が合流して100名が津市内を行進しました。

☆☆出発集会☆☆
 スタート地点の津市お城西公園では国民平和大行進が合流するまで、平和行進の定番曲「青い空は」の合唱もおこないました。
  その後の集会で130名が参加。最初に前葉津市長から国民平和大行進へのメッセージ代読とカンパ金授受の後、三重県と岐阜県の生協の引継がおこなわれました。岐阜県の生協を代表して、コープぎふ理事 蟹沢 保子さんより挨拶をいただきました。続いて、岐阜県と三重県を行進した、わかやま市民生協の島田さんの紹介とメッセージをいただきました。その後、5月31日より東海の生協をつないできた「平和の横断幕」が三重県へと引き継がれました。最後に、引き継いだ三重県を代表して、県連の北村副会長理事より行進にあたっての決意を含めた挨拶があり、全員で記念撮影をしました。

 ☆☆2013年ハート平和行進☆☆
 ハート平和行進の横断幕を先頭に行進がスタートしました。行進団はこの日のゴール 三重県教育文化会館までの間、国道23号線沿いに北上。プラカードや色とりどりののぼり旗を持ち、「青い空は」「折り鶴」をBGMに行進しました。また、「核兵器をなくしましょう!」、「平和憲法を守りましょう!」といったシュプレヒコールで沿道の市民に平和と核兵器廃絶を呼びかけました。

☆☆終結集会☆☆
 三重県教育文化会館で終結集会開催しました。開会にあたり主催者を代表して、2013年原水爆禁止世界大会三重県実行委員会 落合 郁夫委員長から挨拶がありました。続いて、県連平和活動委員会 中村委員(三重大学生協)が知事宛ての「平和の要請書」を読み上げました。この要請書は後日県庁へ提出する予定です。

 続いて、3名の国民平和大行進 県内通し行進者が紹介され、挨拶をおこないました。最後に、三重県原爆被災者の会 事務局長 坂牧 幸子さんより挨拶があり終結集会を閉会しました。

6月16日 ピースリレーは三重(東海)から滋賀県へ!

 6月16日(日)、ピースリレーは三重(東海)から滋賀県へ引き継がれました。引き継ぎ集会は岐阜県関ケ原町 中央公民館で180名が参加して開催されました。三重県生協連からは、茂木専務理事をはじめ平和活動委員会委員3名と事務局、コープみえ職員1名が参加しました。関ケ原町では行進団を出迎え、合流し関ヶ原中央公民館まで行進をしました。

 ご来賓の養老町議会議長のご挨拶に続き、東海の生協を代表して、三重県生協連 平和活動委員会 川元チエ子委員長より挨拶がありました。

 その後、通し行進者の紹介と挨拶があり、国民平和大行進滋賀県実行委員長より決意表明、岐阜県から滋賀県に横断幕、リレー旗、のぼり、ナップザック等が引き渡され、引き継ぎが終了しました。 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

▲ このページの先頭にもどる

© 2012 - 2021 三重県生活協同組合連合会