理事会

三重県「食の安全・安心研修会~家族の健康を守るために考えたい食生活」を開催しました

カテゴリー:

11月7日(土)、三重県総合文化センターにて、三重県及び会員生協との共催で三重県「食の安全・安心研修会~家族の健康を守るために考えたい食生活」を開催しました。講義は、三重短期大学生活科学科の駒田 亜衣准教授にご講演をいただきました。

 新型コロナウイルス感染症がひろがりつつある状況のため、会場は収容人員の1/3までの対面参加とさせていただき、ZOOMを使用しオンラインでも受講していただきました。リモートでの参加も含め当日は68名の組合員や県民が参加しました。また、三重テレビ放送局やマスコミの取材もありました。

 三重県健康・栄養調査や、講師が県民の食生活等を調査されたデータを基に、塩分の摂取量や野菜の摂取量などを経年変化等も交え講話をいただきました。三重県が示す健康づくり基本計画の目標から見ると塩分をもう少し控えること、一日350gの野菜を摂取すること、果物は1日1回、カルシウムの摂取も大切である等と、ご教授いただきました。大切な家族が生活習慣病にならないため、健康寿命を延伸してくために、日頃の食生活を考え直すきっかけとなる研修会になりました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

▲ このページの先頭にもどる

© 2012 - 2020 三重県生活協同組合連合会