平和憲法をいかしていくことを求める要請書にご協力ください

平和憲法のもと、私たちは戦争と武力に頼らない平和な社会を望みます。
集団的自衛権の行使は平和を築きません。
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求め、関連法案の立法に反対し、平和憲法をいかしていく署名にご協力ください。

安倍内閣は2014年7月、国会での審議を経ることなく、憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使を容認する閣議決定をおこないました。憲法に制定された平和と安全保障の根幹に関わる問題は政権によって変更できるものではなく、立憲主義に反するうえに、日本が武力をもって戦争ができる国へと転換していくものです。
集団的自衛権の行使は、日本への攻撃がなくても、海外にでかけて武力を行使することです。それは、これまで政府が「憲法上できない」としてきた歯止めをはずし、日本が世界のどこででも「戦争できる国」になることにほかなりません。

戦争の実相は人の命を奪うことであり、決して許されるものではありません。
日本は憲法9条(戦争放棄、戦力および交戦権の否認)によって、平和な社会への提言としてきました。日本国憲法の平和主義は、政府の行為によって、日本が再び戦争の惨禍をおこさないようにする決意を表したものです。
安倍内閣がすすめている集団的自衛権の行使は、武力と戦争によって平和な社会が脅かされるものであり、閣議決定の撤回を求めるとともに、関連する法整備に反対します。
あわせて、平和の礎となる憲法9条を守り、政策に生かされることを望みます。

要請内容

  1. 集団的自衛権の行使を容認した閣議決定の撤回を求めるとともに、これに基づく立法や政策に反対します。
  2. 日本国憲法第9条を守り、平和な社会を築くものとして生かしてください。

 

お寄せいただいた署名は、2015年5月下旬 衆議院議長・参議院議長、安倍首相に提出する予定です。

 

電子署名のご案内

インターネット上で、署名をしていただくことができます。

電子署名はこちらから

●すでに紙に署名をされた方は重複になりますので、書き込まないでください。ご協力ありがとうございました。

<集まった電子署名データ(個人情報)の取り扱いについて>

  • 電子署名サイトで入力された個人情報は簡易暗号化して、署名データサーバに蓄積されます。
  • 蓄積されたデータは定期的に、セキュリティが確保されたサーバで保存管理します。
  • サーバ内に保存されたデータは、提出後、約1年間保管予定です。

※ご記入いただいたお名前やご住所などの個人情報は、目的以外の利用及び第三者への開示はいたしません。

お問い合せ

三重県生活協同組合連合会
TEL:059-228-9913(月~金9:00~17:30)

▲ このページの先頭にもどる

© 2012 - 2016 三重県生活協同組合連合会